line de ベッキー の謎

流出というか、基本駄々漏れトラフィックと見るべきものを使って、しかも一回それで晒されてしまってるというのに、追加やってますというのは何なんでしょうか? わざとか? ギャグなのか? 世間への挑戦なのか? 

http://buzz-plus.com/article/2016/01/21/becky-furin-kawatani-end/

が、まぁ別に不倫つったって本人の自由だからここまで騒ぐ必要もない。そこはベッキーのが正論である。亡くなったけどキャンディーズのスーちゃんだと許されるのか?

posted by コマプ墨田 at 09:08| 日記

2016年01月29日

キムタクの新ポジション提案 ←ぬぁるほどねぇ...。とはいえ

たぶん無理。歴代の名悪役ってのはよほどの演技力保持者であって、実は本人すごくいい人ってのがパターンだ。キムタクの場合、列島を席巻した現実がリアルすぎてどっちらけである。
  ↓
「悪役」イメージが付いた木村拓哉にテレビ界が「極悪人役」をラブコール

posted by コマプ墨田 at 22:54| 日記

不可解な甘利問題だったがなるほどこれかっ。

さほど資金もなさそうな土建会社が1千万円もなんでや?とか、こんな規模の事業者に都市開発機構が何の筋で関係するんだ?とか、妙に思ってはいたわけだが、氷山の水面下領域が浮上しつつある感じである。
 ↓
UR、甘利事務所側と計12回面談

URは建設会社に対し、12年5月には道路工事に絡む建物の移転に約1600万円を、13年8月には資材置き場が使えなくなることに約2億2000万円を、それぞれ補償金として支払った。このほか、建設会社所有の建物が工事の影響で壊れたことに伴う補償もしたという。


posted by コマプ墨田 at 20:54| 日記

2016年01月24日

香山リカ発狂とかあるので見たところ、

たしかにこの写真だけ単発で見ると極悪な感じがする。
 ↓
話題の香山リカさんって大丈夫!?

が、youtubeで実際の状況を見るとこのぐらい別に普通である。というか一般市民として出て行った香山リカが、ガチでやるだけのことをやっているという記録にすぎない。実は有名人ということなんであの指だけは失敗だった。



関連記事
 ↓
「慰安婦問題での日韓合意を糾弾する国民大行進」とやらにカウンターデモする香山リカさんに感動した。

自分も今ブチあたった映像を見つつ、どっちかというと「香山イケてるじゃん」という心情になっているが、しかしより興味深いのは、この記事↑にも書かれてあることだが、この日香山らが対抗した勢力の位置の奇妙さである。安倍政権下ですら特殊集団になっちゃった身内結束記念行進にしか見えない。銀座なんか廻るより国会取り囲むべき筋だったんじゃないのこれ? このあと行ったのか?

posted by コマプ墨田 at 03:57| 日記

甘利大臣、いまんとこSMAPの影で若干得してる風だが、

そもそもこの件どういう話かと思ったら、あまりに無防備で笑っちゃったのだが、この展開は笑えない。単なるマスコミからの避難だとは思うが。
 ↓
甘利大臣を窮地に追い込んだ第1秘書 家族ごといなくなる

しかし、奇妙なのは告発側の意図である。最初から隠し録音までやってるとなると、もともと甘利大臣をハメるミッションだったのかとも見えるではないか? あるいは問題の秘書側から動きが始まって、「怪しいなぁ」という空気もあったので「とりあえず録音しとけ」となり、阿武ジョー途中からこじれて今回の展開という話か? まぁ甘利大臣、大臣室で直接受け取ったとされる100万円、これだけ詰め寄られて否定できないとこ見ると最早徳俵乗っかり中の風情であるが。

【甘利氏疑惑論戦詳報(1)】
【甘利氏疑惑論戦詳報(2)】
【甘利氏疑惑論戦詳報(3)】

posted by コマプ墨田 at 00:43| 日記

2016年01月23日

スタヒュームは駄目

SMAP騒動の妄想書きながらポッドで荻上セッション22聴いてたら、例の日本発元素命名がらみの話で、「スタヒュームはどう?」とか荻上チキ言ってるじゃねーすか。で専門家の結論は基準外なので無理だと。ジャポニウムなんかだったら、ニッポニウムの方が笑える分いいな。ま何でもいいや。

とここまで書いて、また巡回したところ衝撃の事実に直面した! ジャポニウムという命名はできない。なぜなら既に永井豪に著作権があった(汗
 ↓
光子力
マジンガーZの開発者・兜十蔵博士が富士火山帯の地層から発見した新元素ジャパニウム[1]。「ジャパニウム核分裂の過程で抽出される光のエネルギー」[2]が光子力である。


あマジンガーのはジャパニウムか、無念。

posted by コマプ墨田 at 07:24| 日記

ついにSMAP騒動を把握しました

ざっと見たとここういう話か?

ジャニーズ事務所ってのは、ジャニー喜多川社長のほかに、その実姉のメリー喜多川副社長というのがいて、冷静なジャニーに対し、時代劇の大奥女帝さながらの脅威を中枢に抱える体制らしく、近藤マッチなどこのお婆さんにマジで囲われちゃってるらしいのだが、さらに実娘の藤島ジュリーという人がまたいて、メリーはジュリーを溺愛し、ジュリーもジャニーズ事務所のマネージャーをやってはいるものの、ジャニー喜多川からは無能宣言されてる模様で、そこにきて今回騒動の中心人物である飯島マネージャーという人が余りに有能であり、しかもどうやら業界では人柄好かれる人物の模様で(←確かに見たとここの人をバッシする記事がない)、またジャニー喜多川からも次期社長をうかがわせる一角の扱いを受けていると。で、ここにメリー女帝のやっかみ入って、「次期社長は私の娘よ」と闘争勃発という本筋がある模様で、その展開で、飯島マネージャーが「やってられないわっ」とケツ捲くったというのでなく、要はもはや出ていくしかないというとこまで女帝勢力からネチネチ追い込まれてのこの事態という風情である。おお、まるで少女マンガのいじめられヒロインまんまではないかとあっけにとられた拙者である。

で、そこまで極まったとこ、実に今日のSMAPをSMAPたらせたボスの苦境を見て、SMAPメンバーが「いやそこまでオレらが関わる話じゃね〜し?」などとはならず、仲居君かどうか知らないがおそらくこんな感じで→「それだったら、僕らもついてくよ、今まで一緒にやらせてもらったから、ここまできたんだ」と、ほかのメンバーも「そうだ、そうだ」と、完全なる仁義全うの体制に入ったと、(いや今あらためてマジで感動)。

ところが、展開は少女マンガ真っ青で、キムタクのかみさんの工藤静香がメリー女帝筋にあるという利を用いて、女帝側はキムタクの取り込みに成功、この一手から「別にSMAP解散でいいけどね」と大手をかけたと。仲居君ほか主流は「キムタク、そらねーだろ、ざけんじゃね〜よ」となったものの、国民がキムタク抜きSMAPを思い描くことの困難から、どうすりゃいいんだとなったあげく、まぁここは推測だが、飯島マネージャーは「しょうがないわよ、SMAPを解散させちゃいけないわ、ここは国民のみなさんのことを第一に考えてね」と自分ひとりが去っていく決意をかためる。そして、仲居君に「メリーさんに謝ってジャニーズに残るのよ、それが今は最善だわ、木村君にたのんでおくからね」と最期のプロデュース。やっぱここはコートの襟に首をひっこめて枯葉の舞う中去っていく飯島マネージャーと、それを延々見守る仲居君たちと、キムタクはキムタクで実はメンバーの仁義の正しさと妻への愛とのハザマで苦しんだ挙句のこの選択で「みんなスマン」とちょっと離れたとこからまた見ていると、ん〜これは映画化だろ! いや季節がまた合ってるなぁ。

でもまぁこれ映画の方だと最後、そこまで女帝にはどこか強く出れないとこのジャニー喜多川社長のシーンで終るな。「姉さん、それは筋が通らないよ、いいじゃないか僕らはまた一からSMAPと競争すればいいんだよ、それがアメリカンだと思もわないかい?」ってな感じできっぱり仁義見せると。ジャニー喜多川! キまった。

(後半大幅に空想側に脱線し終了)

--------------
PS: しかしその後巡回でどうやらの諸々の現実を読む。やっぱ芸悩界は大変だなぁ。そっからすると........。
 ↓
メリー「あんたにいわれたくないわっ。」

PS2: なるほどと読んでたら池田信夫記事だった。
   ↓
SMAPを閉じ込めた「タコ部屋」カルテル
日本からグローバルな才能は出ない


PS3:
これもいい記事。全くだ。
   ↓
十字架を背負い続けるSMAP 解散は彼らの「解放」でもある

PS4: で結局、世間で公開処刑と言われてる模様の例の謝罪シーンを見たのである。







ビックリ仰天である。まず完全にフィジカルなインパクトが来た。やっぱこんな普通にただのおっさんだったのかっ(汗 放心状態のおっさん5人が晒されている。いや正確にはそれは4人でど真ん中のキムタクだけは、内からの自信満々感がもれてしまっている。やっぱキムタクは事務所内ポジションゲットオーラ放出で、アイドルと言うよりやり手の中年幹部社員の風格である。このあともうちょっとでっぷりしてくるだろうから、そうなると板につきすぎだ。

この話の最後が、こうしたキムタクど真ん中で他4人を従えつつ、草なぎ君(敗者4名代表)に「木村君のおかげでジャニーさんに謝罪云々」と無理矢理言わせているのだから、さすがに列島住民も背筋も凍るドンビキ状態ではないか? メリー喜多川や飯島マネージャーなど背後の事情など一切知らず、なにげにSMAPを日常の片隅で受け入れてしまってた自分ですら、こうもジャニーズ事務所支配構造の素性を見せ付けられては、「国民的アイドルっつって、これじゃぁなぁ〜」の心情である。まさに40過ぎのおっさんたちが、90近いジジババに小突き回されてるという夢の欠片もない話でしかない。列島住民は一般世間から分離された、それと同様にはけしてならないはずの「永遠の夢のありか」を実体化してくれるがゆえに、莫大な金をオメデタラメ芸悩ワールドにみついできたというのに、究極のどっちらけである。ここまでやられてしまっては、さすがに列島住民とて「もしかしてウチらがバカにされてるんじゃね?」とはたと気づくのであり、まるごと無かったことにして他に場所を探すしかない空気である。列島住民には"その場所"がなんとしても必要なのであるから。

posted by コマプ墨田 at 06:00| 日記

台湾美少女アイドル謝罪問題 in 韓国

ボコられたあげく謝罪させられたアイドルというのが、かなり政治的なスタンスをとってたのかと思ってたら、なんてことはない、韓国に呼ばれて活動中の少女が、番組でそこにあった国旗をふっただけということらしい。それを中台問題にゴリ寄せしてボコボコにした勢力があり、韓国メディア側がその猛威に震え上がって「いいから謝ってくれよ~涙」と段取り組んだと、そういう一件の模様である。まぁ本列島でもお馴染みのメディア本性炸裂である。ところがこれ、この美少女アイドルのあまりのリアル悲壮感に世界が激震となり、結局仕組んだ側とそれに乗ってさっさと事を収めようとしたオメデタラメ組のボロ負けで決着したと、世界的にそういう結果の模様である。だってこれ、謝罪映像見たらどう考えてもかわいそうじゃん。イジメもいいとこ。ていうか番組側が旗おいとくから悪いんじゃねーの? まともな大人だったらこう言うべき↓とこじゃぁ nine de sky?

「彼女は政治的な意図を持っていなかったと思う。制作スタッフが深い考えもなく準備した国旗を振っただけだ。我国の感覚では、当事国が問題にするほどの両国旗間の意味を想定することができなかった。それが問題だとされるのであれば、我々制作サイドに過失があった。彼女を責めることはこの場合ふさわしくないと考える。」

「人民元」に謝罪させられた台湾アイドル――16歳の少女・周子瑜

が、まぁ下世話なとこだが、この記事↑だと黄安ってのが悪党すぎる感じだが、まぁこれ中国政府側が便利屋で囲ってるようなもんなのか、まぁ中国政府筋との関係がないと言えるのかとか、思わず思っちゃったけども、まぁこの人二度と台湾には帰れないだろうなと、そんな風情である。

posted by コマプ墨田 at 04:58| 日記

2016年01月22日

哀愁のアイアンキング

なんとなく巡回してたらアイアンキングの像に遭遇する。
 ↓
http://composition2.blog122.fc2.com/blog-date-20090403.html

造形的に実に高度なできばえ。脱帽である。(下のライダーは普通w)

でまた同じ像が半壊しかけてこんなところにもあるなんてのが.....。これはこれでまたいいじゃぁないですか。きまってる砂ぁ。
 ↓
http://minkara.carview.co.jp/userid/134230/blog/31778573/

posted by コマプ墨田 at 08:39| 日記

2016年01月17日

NHK ラジオ第二の朗読 森鴎外「金毘羅」

朗読 広瀬修子アナ。NHKアナ朗読班の隠し玉、この人を忘れていた。あまりにすばらしい。テキストといい朗読といい珠玉である。というか双方分離で語ること自体がまずい。広瀬修子アナといえば、NHK史上不滅の優秀番組というべき「音の風景」のアナではないか。完全にこの存在を忘れていた。青木裕子アナを最後のヤマに、NHKアナ朗読の伝統もダウンカーブだろうと思っていた自分としては脳天チョップであった。が、まぁ広瀬アナもほぼ同年代ではあろう(ps:広瀬アナが5年ほど先輩だった)。というか、チラと見たところお二人とも既に退社してるな。

しかし、森鴎外などただの一冊も読んでない自分であるが、話の展開というか作りが凄すぎて、これまた青天の霹靂である。広瀬アナの技量もあるが、文章自体がどんどん聴く者の心を引っ張り込んでいく底知れない力を持っており、ところがその力というのは全く派手さのない普通の言葉の連続であり、まるで日記のように淡々と事々が展開するのであるにもかかわらず、かっちりとこちらの脳天をグリップしているというような、ある意味不可解な事態というか、こちらとしては奇妙な体験だったのである。鴎外の個人史から結末は前半聴いたところで分かっているにもかかわらず、「次はどうなるのだ、子供らは? 周りの人々は? 」とかなり真面目な心で思ってしまうのである。しかしその事々の連続の中に特別派手なことはおこらない。語る主観の父=小野博士も淡々としている。

この場合「にもかかわらず」と書くべきではなく、このような主観を言語化させ得たからこそ、相応する文章総体が出来上がってると言うべきだろう。凄いのは、科学側に立つ鴎外自身の自己把握であり迷妄に属すはずの事柄を否定的に捉えるところの「小野博士」というキャラクターに一人称で語らせつつも、この文章総体が成しとげる結果の多大な領分が「科学」を上回わる(それからはみ出た過剰な)「何ものか」からの「科学」側敗北の告知だということである。それは”鴎外を経由しての目的-的に”形成された認識として表わされており、文章のただならぬ仕組みとして完結している。

タイトルが「金毘羅」であることに明確というほかないこれに関わる鴎外の"意図"、というか、結果的にそこに導かれて行った果ての鴎外の複雑な心情というべきもの、その不思議さと重さがずしりと残される文章であり、これに依拠してこそ、登場する全ての人物の人間臭い風景が現われているのであり、それが聴く者の心を動かす。

posted by コマプ墨田 at 01:06| 日記

2016年01月09日

ラジオ第二の高校講座でエネーチケー定番の「源氏物語」やってましたが、

光源氏が幼女を勝手に連れてきて自分の理想の女性に育てようと決意&実行開始するとこですが、こんなんを芸術路線で真面目に分析しなければならないものかどうか、以前よりはなはだ疑問であるわけです。ようはこれ、ヒマと金をもてあましたエロ親父ともなるとここまで能天気が進むのであり、それがまたこのご時勢とおっちゃうんだから、まぁ女はホント大変よね〜、でも女はこんなしょうもないエロバカ天国につきあいながらみんながんばってるのよね〜、しょうがないもんね〜、このエロバカ天国どうにも止まりようもないわけだし....、哀れというほかないけどね〜....。←みたいな?、そこいら言ってるんじゃねーんですかと、紫式部は? 

posted by コマプ墨田 at 20:32| 日記

2016年01月03日

JASRAC関連→こないだまでタダだったんだから何がなんでも払いたくないという心理

年間6千円すら払う気は無いと強気なわけである。使ってんならそのぐらい払えよと。あるいは使わないとか。呆れるね。

まぁこれもJASRAC自身が元凶なんであって、要は長年9割方の商業施設にタダ利用OKにしといて、音楽喫茶などごく一部の事業領域にそのツケ一切合財負わせ徹底的にイジメ抜き、その領域に特化してバンバン店を潰し、ついには老齢の経営者を牢獄にぶち込む戦略まで極悪展開と、一方ではこうして年間6千円すら「なんで払う必要あるんだ?」という一大勢力を成長させてしまいニッチモサッチモ状況と。こういう数十年に渡るバカ丸大行進の結果がこれ↓な訳である。まぁJASRACの場合、基礎がバカ丸100パーなんでその上に何してもこんなもんなのは理屈である。一回潰して出直すしかないと思うよ。もんじゅみたいにやらないと無理。最高裁から引導渡されてる放送枠だけの問題じゃないすから。

JASRACに音楽著作権使用料を払いたくない! そんなとき、どんな手があるのか?

PS: あとこれもおもしろ過ぎるなJASRACは..。
JASRACが、雅楽演奏家に謝罪の電話を行い、問題が解決しました

要はこれ、
雅楽をガラクと読むJASRAC社員から「ガラクだろうが支払い義務(可能性)あるから」と主張され、「1000年から前の楽曲ですよ?」と言っても例のパターンで強引に支払いの方向に持ってこうとしたんだろうけど(追記1)、あまりに奇怪な内容なので速攻ネットで祭がはじまってしまい、止む無く退いたJASRACだったが、そこで終っていればこの雅楽演奏者も「まぁいいでしょう」で済ませたのに、「現代雅楽ってのもあるから問い合わせただけ」などという自己正当化の文面公開されたもんだから、雅楽演奏者は「話つくってませんか」となってしまったと。ものの見事にJASRACである。(←ps:記事再読し雅楽奏者の人の冷静さに反省し、多少まともな文面に書き換えました。)

しかしこの記録にこんなのが書いてあるわけである。
 ↓
私が龍笛を指導する都内のとあるカルチャースクールで、生徒さんは6月からJASRACに音楽使用料というのを取られています。音楽を使用する教室は全て支払わなければならないというものです。コーラスはもちろんタンバリン、手拍子もです。その中に雅楽も含まれた訳です。

金額は三ヶ月で60円。どういう計算方法かは知りません。私が支払う訳ではないのですが、生徒さんには説明する必要があります。もちろんJASRACの方が説明に来るわけでも無し。これっておかしくないですか?


これってかなり詐欺っぽい感じがするな。長年JASRACウヲッチやってきて初耳の料金である。なんで技法習ってる生徒が著作使用料支払うん? 指導者側が管理曲使って指導してるからそっちが払うというなら分るが? (PS2: もしかしたら、学校側が支払う料金を学校側で生徒負担分として割って徴収してるのかも知れないな。なんかそんな気がしてきた。まぁそうならJASRACがおかしいということはない。)

ーーーーーーーーーーー
追記1:
この箇所は訂正で書き換えた。JASRACの場合、いきなり金額いくらと請求してくるわけではなく、支払い義務があるかの強い態度でまず書類を出せとくるのである。自分は全く同じ事態を即興演奏版で体験している。JASRAC管理の楽曲をやってない場合、書類を出す義務などないのだが、この演奏家が言うようにまさに上から目線で如何にも「無知なお前には分らないだろうが世の中には著作権と言うものがあってな、云々」とやりはじめる。当然「いや話がおかしくないか?」となり、細かく説明することになるが、どこまでも食い下がって屁理屈をこねてくるのだ。このゴロつきパターンに負けてJASRAC側の流れに身を委ねると、テキトーな理屈がついて金を採られる展開になるわけである。要は書類提出の義務がどんな演奏者にもあるという最初の主張が虚偽なのであり、電話使った詐欺と形式が一緒という話。しかしこの件、雅楽の場合、当然文化庁が絡んでるだろうから、この背後構造直結でめんどくさいことになっちゃう可能性があるというか、あったかもなぁ。文化庁経由で団体側に「助成受けるにはJASRACに全て内容を、云々」とか通達されたり? 雅楽、確かにJASRAC管理にはならないものの、ある意味文化庁管理という感じであり、JASRAC⇔文化庁、これ一環構造ですから。

(もしかしたら、雅楽などの場合で通常助成を受けてる場合は、JASRACに要請受けたら、あるいは事前に書類出してるのかもしれないな? その方が面倒ないわけだから。自分も例の一件のあとに海外のインプロバイザーと演奏の際、JASRAC管理曲なしでも面倒をさけるために自分から書類出したことがある。←もちろん助成など受けてなかったけど。)

posted by コマプ墨田 at 04:08| 日記

2016年01月02日

風呂でうとうとしながら、

ポッドで録りためたのを聴いていたら、いつしかセッション22で宇宙飛行士の山崎直子さんの声が聴こえてきてるような感じであったが、上品で知的な山崎さんのはずが、妙に本日は下世話な雰囲気が若干追加で、やがて「チ○コ」とか言ってるような風であり、口調もいつもの山崎さんに比べるとゆったり感がないような?と妙に思いつつ、やがて意識が戻りちゃんと聴いてると、それは山崎直子さんではなく、まんしゅうきつこさんだったのである。

(関係ないけど、「なおこ」ってどの字だっけとなり見たら、山崎さん離婚だそうである。意外である。)

posted by コマプ墨田 at 11:18| 日記

慰安婦問題 日韓合意の最大要点

これまで日本政府スタンスは「民間がやったことで政府は無関与」というペテンを如何に通すかであったのだから、この展開は画期的である。画期的敗北である。膨大な証拠を覆して「軍部無関与」にもってけると思った頭が元々筋違いだったのであり、内外から理詰めで追い込まれ「最早これまで」のところに、とうとう米から「おいお前らいい加減にせえよ、特に安倍、きさまは理屈になっとらん」とゲンコ喰らってこの局面って話だろう。

慰安婦解決で日韓合意 「日本政府は責任痛感」
日韓外相の共同記者発表で、日本側は旧日本軍が関与して女性の名誉と尊厳を深く傷つけたと認め「日本政府は責任を痛感している」と言明したが「法的責任」には触れなかった。


要は、

「軍部が民間事業者を仕切ってやらせておりました。戦地に営業するところの民間売春施設を通常枠内で利用をしていただけといった、余りに自らに都合のいいこれまでの主張、これは嘘八百で御座いました。大変申し訳ありません。軍部は極めて重要なところでこの慰安婦システムに関与しておりました。関与というよりも、当時軍部の意向を上回って民間人が体制を運営するなどということが絶対にある訳ないのですから、はっきり言って、軍部が民間事業者を仕切って中枢を運営していたというのが事の真実であります。他の事柄に照らしても如何にも軍部のやりそうなことではある訳です。ここに明確に史実を認め、今日までの虚偽見解を猛烈に反省する次第で御座います。まことに申し訳ありませんでした。」

と、この様に言うべきところを、1%ぐらいに要約して「関与→責任痛感」で済した訳である。

posted by コマプ墨田 at 09:55| 日記

もうちょっと21世紀着眼の命名にしてもらいたいところである。

アジア初らしいから「アジアンリウム」とか、それもどっかナショナルがらみだろというなら、思いっきりベタにして「フレンジウム」とか「コープリウム」とか。ほとんど力入ってないのにしてもらいたいものである。なんかその元素のキャラでシャレ利いたのがないのか? 直ぐ崩壊するから○○リウムとか、なかなか発見できなかったから○○リウムとか、そういうので.......。まぁ結局一番イケてないというか、今回のNGワード直行で「ジャポニウム」になるだろうな(笑

理研内に「ジャポニウム」推す声…元素の名前

PS: おお、
やっぱハイセンスなのがいっぱいありますぜ。
元素名の由来辞典

やっぱこれあるじゃん。
 ↓
At(Astatine): きわめて不安定な元素なので、astatos(不安定)<ギリシャ語>

これはイケてる。てかこのプラチナの由来、たった今まで知らなかったですぜ。(てか縮小詞って何?)
 ↓
Pt(Platinum): 外観が銀に似ているので、銀plataの縮小詞platina(かわいい小粒の銀の愛称)<スペイン語>

眼からウロコ系第二段。コバルトもいい。
 ↓
Co(Cobalt): ドイツのザクセン地方の鉱夫たちが,銀鉱石によく似た鉱石から銀を作ろうとしたが成功しなかったので,民話に出てくる山の精・悪霊コボルト(Kobold)の仕業と考えてその鉱物をコボルトと呼んだことから…らしい。

なんだよ、これもうあったのか(泣 ん〜脱帽蛇。
 ↓
Ta(Tantalum): 発見のさまざまな困難を例えて,タンタロスにちなんで名づけた。<ギリシャ神話>…タンタロスはゼウスの怒りに触れて地獄の湖中につながれ,のどが渇いて水を飲もうとすると水が退き,頭上の果物をとろうとするとそれも退くという罰を科されたという。…英語のtantalizeは「じらして苦しめる」という意味。

しかし、結局やっぱし格が違う感じである。あらためてシミジミする。
 ↓
H(Hydrogen): hydro(水)+gen(…を生じるもの)<ギリシャ語>
He(Helium): helios(太陽)<ギリシャ語>
…太陽コロナを観測して新しい発光スペクトルを発見したので。

じゃオキシゲンはどうなんだと思ったら、こっちはこっちでおもしろ過ぎである。
 ↓
O(Oxygen): oxys(酸)+gen(…を生じるもの)<ギリシャ語>
…酸素原子が「酸」の素であり,全ての酸が酸素を含むという誤解から。

PS2: 「ジャポニウム」にいっちゃう元凶の、
「アメリシウム」がないぞ?と思ったら。上のサイトはいいのを選んでて、こっち見たら実はイケてないのが多数あった(笑→ 元素名(元素記号)の由来

カルフォルニア大学だから「カリホルリウム」とか、同バークレー校だから「バークリウム」とか既にありなんだから、今度のも「リケニウム」でいいじゃん。ゴロもいいし。あるいはSTAP細胞の過ちを永久に忘れない決意を込めて「スタヒューム」では? かなり響きがキまってますぜ。当追跡調査班の一押しってことで。


posted by コマプ墨田 at 01:34| 日記

2016年01月01日

スマホにEqualizerというイコライザーアプリを

入れたのだが、調子が悪いというか最初はいいのだが、しばらくすると設定が一個に固定されてあとはうんともすんともいわないというか、それ一個で固まってしまうというか、スマホ起動と同時に全ての音環境をその設定で、基層から支配してしまうのである。アプリの設定画面を変更しても音は変わらない。いろいろいじったもののどうにもならない。グーグルプレイのレビューを読むと同じような苦情が連発であった。ようはこれ、ダメアプリだったということか? が、音自体はこれかなりいいので残念だなぁと思いつつ、が、使えない以上はしょうがないので、有料版で200円も払ったにもかかわらず永久アンインストールの決意を固めた瞬間→、天の声が降ったのである。
   ↓
「おいちょっと待て。その音がイケてるんだったらあれこれ切り替えなどいらんのとちゃうんか? オンリー湾の設定にしてフィックス、それで十分であろう。」

おおまさにそのとおりで、結局なんの面倒もなくスマホ起動すれば常時この音で聴こえてくるんだから、まぁ拙者のニーズとしてはこれで十分だったのである。

ps: が
結局、音質機能ともにもっとちゃんとしたのがあったのでそっちに変更する。今のところトラブルなし。
イコライザー Equalizer Pro (フリー)

ps3: ↑これで十分OKだった。扱いやすい。広告も下のバーにでるだけ。確定で砂。このまま問題なく、まともなアプリ確認なら広告なしの有料版でもいい。

posted by コマプ墨田 at 05:15| 日記