2016年09月25日

東北新幹線のアナウンス←かなり前々から

耳についてしょうがなかったのが、東京駅を出て直ぐのなげ〜解説。なげ〜のはいいとしても、気になってたのが、新幹線の車両一両のことを「車」ということ。むちゃくちゃ違和感大というか、日本中の誰が他に電車一両を「車」と言ってんだと。事例出せやと。いっそJR東日本に質問メール出すかと、そんぐらいの気ではあったのである。が、まぁ要は、英語だと電車も「car」だから「車」なんだって理屈なんだろうなと。け、かっこつけんじゃねーよ、ここはアメリカじゃねんだってのと思いつつも、まぁ「えきねっと」で25パー安で乗っけて貰ってる義理もあるんで、ここは粘着回路の発動を押さえる方向できてたのである。んが、こないだ乗ったら、その日のアナウンスはちゃんと「車両」と言っていたのである。「車両」、まことに気持ちのいい響きであった。いやこれ、その日の車掌さんの独断なのか、JR東日本中枢の大反省を伴った方針転換なのか分りません。次回乗った時また「車両」と正しい日本語でやってもらえることを祈るのみで御座います。

にしても、いくらなんでも「車」はね〜んじゃねぇのと? だったら京浜東北線とか総武線とか、青森の単線走ってる三両のとかも、全部「車」って言ってくれって話。新幹線は「車」だけど田舎はちがいますとかだと、そら地域差別じゃ nine de sky?




posted by コマプ墨田 at 08:59| 日記

例のグーグルアースの驚異の建造物3D再現

前々からあのビルまでちゃんとできてるのだろうかと気になっていたが、いざ行って見たところ完璧だった。いや最早なんでも大丈夫そうである。凄すぎる。どっかこぇ〜感じすら....。

bill845.jpg

posted by コマプ墨田 at 08:18| 日記

プリンターにトラブった件

ん〜何度やってもプリントアウトしてくんないな〜と、見るとトナーどうのが点滅中。裏技風の使いきりモードみたいのでケチりにケチって、かなりのギリまで使い込んでたが、いよいよ最終駄目だしきたかと、そなえのカートリッジに差し替えるも、え?出てきませんぞと。入れ方が駄目なのかとまた開けていろいろやっても駄目。で、一息いれつつ開けっ放しの内部を見たら、紙がないやんけ。まさかの馬鹿丸大王である。紙の方は買い置きないので、とりあえず裏紙をかき集めてやってみたら無問題だった。てことは、さっきはずしたトナー、まだもうちょいいけたんじゃ nine?

posted by コマプ墨田 at 07:28| 日記

これはいい→ 落書き風の時計(アンドロイドアプリ

ナイスオッケーです。ヘタ具合が選べるとか実にツボを突いております。なんといってもいいのが、絵が設定した間隔(最短10秒)で変わっていくこと。無料版でやってみたらあまりに泣けるので有料版にした次第です。148円の課金で、色がカラーで選べるようになるのと、ヘタ具合設定が一段増える。まぁ大差ないと言えば大差ない。が、ヘタ具合増は拙者には十分払った以上のダンケ。

らくがき アナログ時計 FREE [ウィジェット]

で、姉妹版みたいなこれ↓もあって、もちろん入れたがまたこれがいい。バッテリー低下にともなって絵がどんどんとヘタになっていく設定がたまりませんな。減ってくのに若干楽しい。

らくがき バッテリー メーター [残量表示ウィジェット]


ps: バッテリーメーターの方
家だと電源つないでるので、うまさの設定が「残量で変化」だと常時100%で変化無く寂しい。そこで「常に下手」にして1分ごとに書き換えに設定。「常に下手」と「常にいまいち」の差は微妙である。

posted by コマプ墨田 at 06:49| 日記

2016年09月24日

ファインプレー 脱帽の中国レスキュー

いやこれ、動画見る前に文章のとこ読んでビビった。頭から行って、万が一にも命綱とかなにかでトラブって上げられなくなったら、自分の命に関わるではないか。なんかの国際的受賞が相応である。しかし中国、こんな穴が平の地面にあることがまず問題だ。

深い穴にはまった5歳の男の子 救出作戦
中国・河南省で深い穴にはまってしまった男の子を助けようと、救出作戦が展開された。青いロープをたらして救出しようとしているのは、道路脇にある穴の底にいる5歳の男の子。消防隊員は自らロープをくくりつけ、頭から穴に入っていった。



posted by コマプ墨田 at 05:09| 日記

都はるみ「千年の古都」

超だらっと風呂に1時間ぐらい漬かってたら、京都発ラジオ深夜便でこれがかかって驚く。都はるみ、一時期独自のこぶし唱法を強化しすぎでちょっとヤバイ感じだったが、この曲は突き抜けるような素の歌唱が本体でけっこういい感じに聴えてきた。まぁもともとあれで終わる素質の歌手でもない。しかし、十代から押し付けられたキャラを脱した自分本来の歌唱という、表現の主体にめざめた女性歌手の苦悩は相当なものだろう。藤圭子とか奥村チヨとかの話聞いても、この世代には「こうやってみたい」とかいう自由などほとんどなかったはずで、まさにマインドコントロールからの脱却と言うほかない。

ちょっと某チューブでカンニングしたところ、油断すると炸裂しかけないかつてのこぶしパワーを必死に抑え込みながら、悠々とした展開の曲の本筋に喰らいついて歌ってるというような感じである。押さえきれず微妙に溢れかかりまた退いていく都はるみ内在のパワー、その溢れてしまった少量が曲本来の空気に不思議な融合を成し、独特の歌唱に昇華している。そんな感じ。

posted by コマプ墨田 at 04:07| 日記

7時過ぎにスーパーに行ったら

イカソウメンと明太子が半値。今夜は、「炊きたてご飯にイカ明太というお告げだな」と了解して買って帰ったのである。んが、ちょっとまてよと。これ別々に喰った方が正解じゃね〜の?となり、そっちで喰ったが正解であった。明太子、日頃安いのしか食ってない拙者だが、やっぱカネフクのは一段旨いのかも。ちなみに、こないだラジオで言ってたのだが、メンタイというのは韓国でタラ(親)のこととか。単に明太子と言ったら、ただのタラコのことになっちゃうのか。ちゃんと辛子明太子と言えと...?

PS:
おお、間違ってるのは日本全体じゃなくて、主に東京方面の模様。本場九州方面では正しく使われていた。む〜ふ。それすら知らなかったぜ。が、こちら様の追跡調査↓はさらに興味深く、実はロシア語?中国語?とのミステリアスな展開に...。深い話。
  ↓
メンタイコの語源について

あそうか、関東方面、もともと「明太子=タラコ」という認識がないところに、辛子明太子が入ってきて、「うめぇ〜じゃん」と短期に浸透しちゃったところ、名前長いもんだから明太子でいいことに暗黙なっちゃったと、そういうこと鴨。

posted by コマプ墨田 at 00:06| 日記

2016年09月23日

新作ゴジラ

これで終わりだと言いながら何度も何度も作りやがって、そんでまたかよ? でCGでゴジラだと? ふざけすぎじゃ〜 nine de sky ?、と思ったが、いくつか解説読んでたら、話、いいとこついてて面白そうな(笑 大ヒット中らしい。ぬぁるほどねぇ〜。まDVDでなら見たい気も。

posted by コマプ墨田 at 22:52| 日記

2016年09月17日

はぁ~? マジ意味不明。てか都連ておかしんじゃねーの?

結局、小池百合子が勝ったんだから、都民の意向はこっちが本道と言うことで、応援した議員こそ正解だったということで、実際自民本部はそういう筋に修正済みのとこ、文句あるならむしろ自分が離党すりゃいいんじゃね〜のと? へんな話っ砂ぁ。

猛反発必至…自民都連が小池知事支援の区議7人に離党勧告

posted by コマプ墨田 at 17:30| 日記

ほ〜、実はこうだったとなると、これはひどい話

世の中何があるか分らんような事例。だって普通のビジネスホテルで、そこの従業員でしょ? が、こんなの狙ってるなんぞとなるとなぁ。まぁ普通はそういうノリに持ってかれたら「こらおかしいんじゃね〜の?」となりそうなもんだが。こらまだ実際どっちがホントか分りませんな。どっちでも異常ワールド。でもこれ、実際この記事どおりなら、逆に仕掛けた側が刑事事件枠じゃないの? 絵に描いたような美人局やん?

すっかりハメられたことが明らかになった高畑裕太
そして、裕太が警察に連行される直前、女性の関係者だというコワモテの男が怒鳴り込んで裕太を罵倒し、事件発生が深夜にもかかわらず、すでに被害者は医師の診断書を用意していたというから驚きだ。示談交渉は被害者女性の弁護士、裕太の所属事務所の弁護士、高畑家の弁護士が連絡を取り合いまとめたというが、その交渉で大きな役割を果たしたのがX氏だったというのだ。「どうやら、裕太が女性従業員に目をつけているのを見透かされ、すっかりハメられてしまったようだ。もともと、事件発生当初から、警察に通報したのがホテルの従業員ではなく、知人男性だったというのがかなり不審だった。このところ、暴力団関係者は暴排条令施行後、全般的にシノギが厳しくなっているので、デカいシノギになると思われカモにされてしまった」(週刊誌記者)


posted by コマプ墨田 at 09:27| 日記

ラジオであまりにへんな日本語なんですが、

「こんなからっぽなオレだけど、愛させてくれないか?」って映画の宣伝のせりふ。これ毎度毎度聴かされてるうちにおぼえちゃったんですが、どーいう筋で言うのか知らんですが、はっきり言って、どっちかというとこうじゃねーのかと?

↓↓↓
「こんなからっぽなオレだけど、愛させてくれないか?」

で、相手は、
  ↓↓↓
「そーゆーの、まともな日本語使えるようになってから言いに来たら.....。」

いや、ちょっと待てよと。「かんけーねーよ、オレが愛してんだからしょーがねーじゃん?」てなことでリニア爆走がヤバ過ぎるご時勢。「愛させてくれないか?」などと許可求めてきたとこ、相手が「いやけっこうですから」ときて、「分りました、愛しませんのでご安心ください、それではどうも」ってな男、この方が数段いいんじゃないか?
ま映画なんか見ないけど、。

ps: なるほど、
映画のせりふというよりも、原作の小説があるわけか。しかもその作家は自殺されたというのもあるようで、ちゃかした書き方してちょっと悪かったなぁと思い一部削除しました。

映画 オーバーフェンス!原作のネタバレについて詳しく解説!

いずれにせよ、その原作、作者本人の体験らしいから、こんな奇妙な日本語になっちまうしかないようなギリのとこの話なんだろう。

ps2:
その後軽く巡回して、原作者の佐藤泰志、言葉の使い方がいい加減なわけがないことが分かって、そうとなると、このセリフがなんでそうなる必然なのか、根拠が気になってしまったのである。にもかかわらず、映画と小説に突入するまでの気力はない。で、修行の合間にこの件いろいろ考えていたのである。結果、もしかして理屈からいったらこうじゃ nine de sky? という推測に至ったのである。

要は、この男、既に女を愛してしまっている。そんなことは重々承知である。愛してしまってる以上自分内的にはどうにもならない。ここまでは普通である。が男は、自分が空っぽな人間である自覚も最大で、「これで女をどう愛すってんだ? 」というとこにも冷静である。「あんたを愛してんだよ」などとどうして言えるんだと。「愛するってのは相手に何かプラス要因を与えることじゃねぇの?」とか....。が、現実としては、既に愛してしまってる以上、「じゃしょうがねぇか、やめだな」ともなれない人間のサガである。そういうどうにもならない心情極まって出来た超日常的語法が「こんなからっぽなオレだけど、愛させてくれないか?」なのかも...。

これだったら理に適ってるし、いい展開のキメでこう来たらやっぱ感動的だろうなと。どうもすいませんでした。いきなり昼日中、このセリフ単発でぶちかまされちゃったもんで。

posted by コマプ墨田 at 09:08| 日記

山口百恵「パールカラーにゆれて」のサックスがめちゃめちゃかっこよかった件

今かかってた。そーいやこれ聴きおぼえあるわとつらつら聴いてた。しかし、山口百恵、終始とつとつと歌ってるようで、やっぱ絶妙なとこでエロっぽい溜息歌唱、微妙に入れてるあたりに皆やられたな。今聴いて分った(笑 まぁ拙者個人としては当時、盛り上がりすぎじゃね〜の?と思った組ですが。

あ、浮かれて書いてる内に「あっぱれジパング」がっ! オフ指令発令! 拙者どもの聴取料使って何やってくれんだってーの→ラジオ深夜便のうた惰性電車道爆走中。しかしこれ担当班はどういう心情でやってんだろうね。多分、上から押し付けられてやらなきゃいけないからやってるだけのやっつけだろうけども。ある意味一番の被害者じゃないんすかね。「もうこの企画いいかげんやめましょうや、何の意味も無いすから」とか上司に真実切り出すのもエネーチケー空間的に無理だろうしね。ある意味パワハラ。まぁこうして、金取られた挙句にあんなもん聴かされるという国民の二重被害は、永遠に続くわけである。

ps: で現在の最多出場選手はだれ?
ざっとみ、荒木とよひさを抜いて松井五郎っぽい? 松井五郎ってのはたぶん頼まれたらがんばってやってあげちゃういいヤツなんじゃないすかね。スタッフ頼みの綱みたいな(笑
ラジオ深夜便のコーナー一覧

が、見ると、さすがにこっから5曲6曲とかやってる横綱大関が多数になってくのもそろそろヤバイというんで、この頃は2曲目3曲目の三役組に行ってるっぽい。レーモンド松屋とかさだまさしとかトワエモアとか。いやぁ厳しいっすねぇ。レーモンド松屋とか最初あんだけよかったのになぁ。ぱしっと「いやもうやりませんよ、こういうのって一発もんなんじゃないんですか?」ぐらい言ってやればよかったのに。財津和夫&夏川リミがよかったなぁ。この組にはちょっかい出さないどいて貰いたいよね。

関連過去記述 (「深夜便のうた」ウロボロス世界の探求)
 ↓
今期のラジオ深夜便のうた
終わってるのに終わらないエネーチケーラジオ深夜便のうたの舞台裏を推測
加速する「ラジオ深夜便のうた」の身内で団子ワールドw

しかし、面白いことにこの朝日の記事↓、「ラジオ深夜便のうた」が始まった当初でたもんで、なんと2008年から消えずにず〜っとある。朝日の悪意を感じる超ロング掲載であるw 今読むと笑い倍増だよね。元凶のプロデューサーの弁、あんたマジでっかと。で、究極のマンネリ楽曲システムを晒しているエネーチケーの今日が御座いますと。

ベテラン歌手、新曲次々 NHK「ラジオ深夜便」発
これらの曲は「深夜便」で06年4月に始まったミニコーナー「深夜便のうた」で毎日流していた。3カ月ごとに2曲選ばれ、午前0時台と午前3時台の終わりに1曲ずつ、1週交代でかける。これまで計20曲が放送されてきた。90年開始の「深夜便」は、中高年層が青春時代に聴いていた曲を中心に流している。となると、選曲が50〜70年代のナツメロばかりになり、同じ曲を何度もかけることが増えてくる。マンネリ化はここ数年、局内からもリスナーからも指摘されていた。ちょうど、番組の月刊誌を作っている編集者から「深夜便で『みんなのうた』のようなコーナーをできないか」という話があり、「中高年向けに歌を作ってもらおう」というアイデアが浮かんだ。曲作りはNHKスタッフと歌手のレコード会社、歌手が打ち合わせを重ね、イメージや内容を固める。コンセプトは「大人が口ずさめる歌謡曲」。NHKラジオセンターの渡辺幹雄チーフ・ディレクターは「レコード会社の作る歌はJポップかド演歌。両極端で、大人が聴く歌が抜け落ちている」という。


いや、マジで歌謡曲総体にワシらは勝つ!みたいな?

posted by コマプ墨田 at 04:05| 日記

2016年09月14日

霧雨降る明け方にチャリ走行中、ラジオから妙に泣ける曲が、

ん〜聴いたことない曲だなぁと、なんてことない風に耳に入り軽く停滞し過ぎ去っていった。このままこの曲と二度と出会うことがない可能性を思い、まぁそれはそれでよいのだが、曲の終わりがけ、直後にアナが言うはずの曲名を聴き取る体制に入っていた。

エイミー ワインハウス 「back to black」

こういう時、結局家に着いたら忘れていたというのが多い自分であるが、今回はチリバツだった。ワインハウスという一回聴いたら忘れようも無い名前が利いた。

ps: なるほど、
みたら、自分が知らなかっただけで超トップアーティストだったのか。しかし典型的な破滅型の女性で若くして亡くなっていたとは。

posted by コマプ墨田 at 07:42| 日記

2016年09月13日

「食べログ」が実はやらせだったという話になってる模様ですが、

いや実は拙者も、若干これみて近隣のラーメン屋とか行ったりしたんですが、すげぇ評価高いのにせいぜい標準圏内とか、けっこうあるわけです。そういうとこには、たぶん身内動員でやってんなと、二度と行ってないわけです(笑 単に不味かっただけなのかもしれませんが。で、逆に10位前後にあるとことかの方が「オヤジうめ〜じゃん」となり、ときより行ったりもするわけです。が、そこそこの順位だったのにいつのまにか地域トップになってたケースもあり、そういう場合は「やっぱなぁ」と思ったこともあるわけです。が、その結果、並ばないと喰えなくなりガックシだったんですが。まぁそういうことで、前々から、これはけっこう裏があるなとは思っていたわけです。だいたい印象としては、1位2位あたりはやらせの可能性が10位前後より相当高いと、そんな感じで、拙者的には「まずあの上位は裏技込みだな、だってそこまで美味くもね〜じゃん」となってるわけです。

食べログ「飲食店の乱」騒動と、内部資料が示す残念な感じ

ああ、今ふと思ったのが日本大相撲協会の八百長関連。千代の富士みたいな八百長代表選手みたいな話が引っ付いてはなれない横綱も、別に周囲より弱いのに八百長頼りで上に行ってるというわけはないそうで、要は、上位に行くとかなり実力横並びになるので、横綱だって負ける時は負けるというのが当たり前のところ、頂点を維持し続けるには「プラス八百長」がいると、そういう話らしいのです。まぁ似てるなと(笑 

今浮かんだ標語
 ↓
軽蔑される横綱になるより、
尊敬される平幕であれ!


おお、これは言えてる。

posted by コマプ墨田 at 17:40| 日記

2016年09月11日

アレにだけはぶち当たりたくないと思っていたら(泣

ある怪獣の名前を思い出せなくて巡回していたら、画像検索、混じってました。完全スッパの桂文枝.....。しかしこれいくらなんでも酷くねぇ? 女が。


posted by コマプ墨田 at 09:43| 日記

麻原三女の談話にぶち当たって読んだものの特にどうというものでもなかったが、

途中、麻原の空中浮遊の件が書いてあるのだけ多少興味を持った。三女はガチの空中浮遊は見たことが無く、やって見せてと言っても麻原は応じなかったとある。だが、体が勝手に飛び跳ねる前段階は見たという。

麻原彰晃の三女が明かす半生と父への思い「矛盾の中で生きてきました」
―お父さんの空中浮揚はご覧になりましたか?
松本 それが、私は見たことないんです。やってみてよとお願いしても「疲れているから」と断られて。あの写真は偽物だともいわれていますから、撮った方にぜひ真相を聞いてみたいんですけどね。ただ、ダルドリー・シッディという、体が勝手に跳びはねる空中浮揚の前段階の現象は何度も目撃しているので、そういうことが起こり得るのは知っているつもりです。父の空中浮揚もその延長線上にあるものなのかなと思っています。わからないことは否定しないスタンスです。


彼らには、大乗に関る重要で基本的、そして単純な認識が欠落している。この空中浮遊前段階というのが意識の拘束を何らかの手法で超えて「勝手に」起こっているというのが重要である。もしこの段階まで本当に精神のあり方を推移させることが出来たのなら、確かにそれは空中浮遊の前段階を得たとする論理は有り得る。意識の制御を超えて勝手に飛び上がった身体が落下に転じるところの時間が、一定の長さ、現実時空の拘束と無関係の長さを個の認識が体験することは可能なのかもしれない。実際通常生活でも、そこそこ長い時間だったと思ったら、時計を見たら僅か1分程しかたっていなかったというような、感覚的な時間の伸縮は起こる。

これは大乗のものの考え方のパターンである。すなわち、本来、事は個の認識と世界のあり方の関係だけで成り立っているのであり、その本質に暗い段階から始まり、極みに向けて推移していくのが大乗の修行である。その達成時には、客観的な外部というものは無意味なのだ。

我々の現実の場で自分以外の誰かの身体が、SFのようにふわりと数分ほども空中に留まるという事を期待して、あるいは自分がそのような奇跡を人に示して、何かを得るということなど無意味である旨、終始述べるのが大乗である。しかし、そこには大乗特有の話の持って行き方があり、悪く言えばそこには「欺きの手口」(あるいは「悪意」)があり、よく言えばそれは「言葉の知的な戯れ」である。後期密教のタントラにおいては、その方法論が極めて高度に発展し、「戯れ」では留まれないかもしれない際どい段階にまで到達したのである。故に、その本質(大乗の伝統)が理解できないところの、要は「シャレが利かない野暮な人」には見せない方がよかろうとなり、ちゃんとその管理制度は成されていたのである。また「般若経」の段階で大乗の師匠らは、すでに麻原のような人間が現われ大乗の方法論を悪用するごとき事態を推測している。師匠らは、空の論理自体がそうした危険性を除外して成立しないものであることをも捉えていた。

関連過去記述
大乗の発想の深部

「無量寿経」梵文和訳を読んで最重要領域を把握。

ラジオ第二の朗読からなぜか浄土思想について考えてしまった件

posted by コマプ墨田 at 08:58| 日記

2016年09月10日

ぬぁ〜んかおかしくね? 高畑雄太釈放後の弁護士の弁

普通に考えれば、いきなり釈放って、莫大な金を積んで示談に成功ってことしかないと思うが、示談になったからってこれ言える? 

高畑裕太の弁護士「悪質な事件ではなかった」【コメント全文】
私どもは、高畑裕太さんの話は繰り返し聞いていますが、他の関係者の話を聞くことはできませんでしたので、事実関係を解明することはできておりません。しかしながら、知り得た事実関係に照らせば、高畑裕太さんの方では合意があるものと思っていた可能性が高く、少なくとも、逮捕時報道にあるような、電話で「部屋に歯ブラシを持ってきて」と呼びつけていきなり引きずり込んだ、などという事実はなかったと考えております。つまり、先ほど述べたような、違法性の顕著な悪質な事件ではなかったし、仮に、起訴されて裁判になっていれば、無罪主張をしたと思われた事件であります。以上のこともあり、不起訴という結論に至ったと考えております。


要はこの弁護士、「相手方の話は一切聴いてないけど、高畑が言うによれば、歯ブラシ持ってこさせていきなり強姦とかは相手方の嘘で、相手方は最初合意したにもかかわらず、後で強姦されたと言い出したのであって、当初の容疑と全く違ってそこまで卑劣なわけじゃないんですよ、まぁそんなことなんで、もし起訴されてもこっちは十分無罪主張で行きましたけどね、なにせ不起訴になるくらいのもんですから」とこう言ってる? 事実なら相手方女性もそこそこ悪質なことになるわけで、いったいどっちなんだと。最初の容疑は相手方の虚偽に誘導されたマヌケな警察の過剰はやとちりなのか、あるいは高畑家が1億円とか莫大な金を積んで「どうかここはあなた様の方でかぶって頂けないで御座いましょうか」と話まとめるのに成功しましたとか、そこんとここれからはっきりさせてくれと、そういう話である。しかし、もしこれ示談でなんとかしちゃったんだったら、なるべく息をひそめるのが常套と思えるところ、全列島相手にこんなネタ撒き散らしてどうすんだと? 警察までザマー扱いなわけだし。今頃、週刊誌やらマスゴミ軍団やら色めきだってんじゃ〜 nine de sky?

ps: やっぱ学者が言ってましたぜ。全くだ。
   ↓
高畑裕太さん釈放後の弁護士コメントは、被害者女性を傷つけてはいないか?

しかしこれ、警察もここまでコケにされてんだから、もう一回捜査しなおすとか、それは出来ないのかと? 全国民的に「おいこらそれで済むんか」という疑問の嵐なわけだから。

あとこの弁護士の文面、劇団青年座の公式サイトに掲載ってのがまた意味不明である。いくら所属俳優の身内が犯罪容疑に関ったからといって、こういうのの発信元やる必要あんのかと? 高畑裕太本人が所属なんだったらまだ分らぬでもないが。

posted by コマプ墨田 at 11:42| 日記

夢の記憶の不思議

先ほど久々に爆睡したのであるが、古い教会での演奏会を聴くといった夢を見たのである。起きてからしばし考え込んでしまったことがある。その夢での演奏は超高度なJAZZ系のスケールを軽快に演奏しており、しかも音程も正確極まりない。そのスケールは確かに聴いたことはあるものだったが、自分で口ずさんでみろと言われても到底出来ないし、自分の素の感覚とはかけ離れたものである。そもそも自分は西洋的な音感が鈍い。それが、夢の中に出てくる時に、なぜにあれほど正確で流暢に奏でられていたのだろうか? 不思議である。より広域な記憶の領域に対して、個人の活動を制御している脳の領域は限定されているのだろう。

posted by コマプ墨田 at 01:05| 日記

2016年09月09日

いやこれは衝撃的映像である。

というか、これで運転できるんだから、なんちゅうか、司令部から完全コントロールで自動運転でいいんじゃね〜のと? 八割方運転手をリストラできるから人件費削減ですぜ? いらないもんね、これじゃ。よく考えたら、一般道を車が自動運転とか騒いでるけど、そんなもんより鉄道の方が簡単なのは確実。

【足上げ新幹線運転】運転台に足上げて運転する新幹線運転手が写真を撮影されて

しかしこれ駅に減速して入ってきたとこでしょ? それ以外発見も撮影も難しい気がするんだが、そうだとするとこの元運転手は度胸良すぎで墓穴を掘ったけども、かなりの数で高速時同じようなことやってるだろうな。マンガ読んでたのとかもいたし。

あ違った。
 ↓
>静岡県の掛川―浜松駅間で、約10秒間、運転台に両足を上げた状態で運転しているところを撮影され、


と、あるから突っ走ってるとこパシャっと撮ったってことか。よく撮れたなぁ。というか、普通に新幹線撮影して家帰ってよく見たら眼が点、とか鴨南?

posted by コマプ墨田 at 10:06| 日記

蓮舫の冷酷人間ぶりが炸裂してまんなぁ。

いやこれ別に玉木議員がおかしいということはなかろう。内情をつぶさに見ていた本人として、感極まって涙腺が緩んだというだけのことで、言ってることは正論。そもそも「男が泣くな」というのはセクハラなんじゃなかったっけ? 別に自由じゃnine de sky? オリンピック見たって別に泣く時は泣いていた。オリンピック柔道監督の井上康生、こんな人でもああいう時には、やっぱ泣くんだなぁと思ったぐらいである。ろくに見てないくせにこっちもじ〜んときた。

民進・玉木氏、前原氏に涙の訴え 蓮舫氏「男が泣くな」

しかし、蓮舫は他も含めて印象悪すぎるな。代表なんぞなったらますますドツボの民進党という予感である。民進から共産への鞍替え拡大である。いや実際共産の方がどうみてもノリがいいすから(笑

posted by コマプ墨田 at 08:11| 日記

2016年09月04日

また例のフランス風刺画?

ちょっと普通の神経じゃ考えられんすね? フランスって実は何か違ってるんじゃねーの?

仏シャルリー紙が風刺 犠牲者をパスタに
フランスの週刊紙シャルリーエブドが8月31日号でイタリア中部地震の死傷者をパスタにたとえた風刺画を掲載し、イタリアで「恥を知れ」と反発を呼んでいる。「イタリア風地震」と題した風刺画は、血染めの包帯を巻いた負傷者に「トマトソースのペンネ」、顔面をやけどした被災者に「ペンネのグラタン」、がれきに重なり合って埋まった犠牲者に「ラザニア」との説明書きを付けている。


これか。酷いというより非道。
 ↓
仏シャルリー・エブド、イタリア地震の風刺画を掲載しイタリア人が大激怒!過去には福島の風刺画も

「シャルリー・エブド」地震の被災者を"ラザニア"と表現 イタリア激怒「最低だと言う自由がある」


posted by コマプ墨田 at 08:37| 日記

安倍マリオってーのは何?っと...。

また安倍晋三が海外でやっちゃってくれたと思ったら、見たらまぁこのぐらいならまだいいかと思った所存です。自分的にも意外な感想です。まぁますますもって、アニメとゲームキャラぐらいしか、頼れるものも無い日本人というのは、なんなんですが...。

posted by コマプ墨田 at 04:50| 日記

脅威&驚異→予備自衛官という制度

先日TBSラジオで解説やっていたのを聴いて知ったが、その内容に驚き、巡回調査したのである。かなりのとこまで、安倍自民は筋書きできており、例のごとく国民に大した説明もないままに、着実実行の模様である。

今すぐやめたほうがいい予備自衛官制度
“素人”自衛官に年80億円投入の無駄遣い


予備自衛官というのは、そのTBSのコメンテーターによれば、災害時の招集よりも有事招集が主軸で、ちゃんとその訓練が義務付けられている。そして、予備自衛官制度に協力する企業を政府発注事業にて優遇するというのだ。これはとんでもないことである。要は、「有事に戦場で戦う人材を出さないとあんたのとこは干されちゃうけどいいのかな?」ということで、ほとんど強制である。市場経済の原則に政府自ら唾かける戦略なのである。

こうなると生き残るために、企業側は内部で予備自衛官をこれまた強制で確保せざるを得ない。「山田君ね、予備自衛官に登録してもらえないと、課長昇進は難しいかもしれんよ? 鈴木君はもう了承してくれてるんだよな」みたいなことで、予備自衛官にならないと定年まで社内冷遇が待っているのである。社員は泣きの涙で承諾するか退社するかしかなかろう。そして、企業の上層は予備自衛官中心で構成されるようになり、一旦この制度に応じて社内で地位を得たグループは、積極的にこの制度を背景に企業人として身を立てようとする。こうして企業活動のかなりのウエィトが軍事と連動するようになっていく。最終的には、就職時のエントリーシートに予備自衛官に応じるかどうかのチェック項目が入ることになるだろう。

「そんなのは政府関連事業に関わる一部の業界の話じゃね〜の」ということもない。政府筋はありとあらゆる圧力を用いて、全企業にこの招集作戦を拡張しようとする。難癖つけて経営陣を自民本部に呼びつけてボコればいいだけのことである。「電波つかわせねーぞ?」とか「補助金いらね〜のか?」とかやりたい放題やって、ありとあらゆる業種から一定の予備自衛官を供出させるのである。

こうして各企業から駆り出された予備自衛官らは、いざ有事という時には戦地に送られることになる。拒むと社内で実質的な懲罰があるだろうし、それ以上に決定的なことは、かつて石破が言ってた筋で、有事に指揮に反して戦闘拒否をする自衛官は死刑にするごときの法改正が成されるだろうことである。石破が言ってるのだからこれは確実な路線とみてよい。もはや国民に逃げ場はないのだ。

posted by コマプ墨田 at 02:54| 日記

2016年09月01日

ん〜、やはり一言いいたくなる記事

マライア云々なんぞよりも、(55)という数字が気になってしょうがないのは拙者だけでしょうか?

〈速報〉マライア・キャリーの姉、売春容疑で逮捕される
アリソン・キャリー容疑者(55)がホテルで売春しているとの情報を基に地元警察官が客を装っておとり捜査を行い、金銭取引を持ちかけてきたところを現行犯で逮捕したと言う。


posted by コマプ墨田 at 08:09| 日記